続報!ふうどりーむず

d0004985_14132541.jpg
 また記事になってましたねぇ。運送会社のコメントも載ってたけど、前回ふうどりーむずが適当なことを言っていたのがバレたね。ちなみにJAGUARの家も連絡すらありません。

ふうどりーむず 「おせち」待てど暮らせど 2000セットなお届かず

 【小樽】冷凍食品製造「ふうどりーむず」(小樽市銭函五、猿渡肇社長)が製造、販売した冷凍おせちセットの一部が予定の十二月三十日に配達できなかった問題は、二日になっても同社や報道機関などに「まだ届かない」との苦情が相次いだ。同社は三日の新聞におわび広告を掲載したが、いまだに一部の客には連絡すらなく、電話もつながりにくい状態が続いており、注文した客から怒りの声が上がっている。
 札幌市内の女性宅には、配送日を一日過ぎた三十一日夜に「遅くなってもお届けします。料金はいりません」などと書かれたファクスが同社から届いた。女性がその後何度も電話して一日夜にやっと通じると、「会社に取りにきたら渡したのに」と言われた。「まったくひどい話です」と怒りをあらわにした。
 問題のおせちは一セット二万七千円と四万円の二種類。年末に配達されなかった客の多くは、同社から連絡がなく、電話もつながらないため、「おせちが来るのかどうか分からず、買い物にも行けなかった」と話し、遅配・未配に加え、同社の事後の対応にも怒りを募らせている。
 同社への電話が通じないことから、小樽観光協会には二日までに十件近い問い合わせ電話があった。おせちセットの注文のほぼ半分は道外からだが、遠隔地への発送を優先しているため、未配の地域は主に札幌とその近郊とみられる。
 また、同社は当初、配送態勢の不備を遅配の理由と説明していたが、配送を担当した運送会社によると、遅配・未配となった約三千セット分については「配送の発注すら来ていなかった」という。生産能力を超えた大量の受注により、年末までに生産が間に合わなかったことが原因だった。猿渡社長の説明では、一日以降も社員が手分けして届けるなどしているが、二日現在、まだ二千件以上の未配がある状態で、「ひとえに当社の問題でご迷惑をかけ、本当に申し訳ない」と話している。 (北海道新聞社HP)
[PR]
by jaguarswebsite | 2006-01-03 14:13 |
<< 続報②!ふうどりーむず 新年 >>